カテゴリ:男の料理( 46 )

卯の花

2012/7/25(水)

先日のTeam Cycle86のサイクリングで最後によった石釜豆腐でもらったおからで卯の花に挑戦だ!!。

さ~ここからは、3分クッキングの音楽を頭に浮かべながら読んでね(笑)。

f0000330_17212672.jpg


材料

もらってきたおから  350g
たまねぎ       1/2玉
にんじん       1/2本
干ししいたけ     2枚
ネギ         少々
醤油         50cc
みりん        50cc
砂糖         小さじ1

1.干ししいたけを150ccの水でもどします(3時間くらい)。

 *もどした水は後で使うんで捨てないでね~

2.たまねぎ、にんじん、ネギ、干ししいたけをみじん切りします。

3.たまねぎ、にんじんを少量のサラダ油で炒めます。

4.たまねぎが透明になってきたら、干ししいたけ、おからをいれます。

5.調味料(醤油、みりん、砂糖)を入れて、好みの水分になるまで炒ります。

最後にネギを入れて少し終了。

これで、出来上がりです。簡単だけど、けっこう旨いんですよ。

ちょっと、パサパサめだったんで、干ししいたけを3枚にして、もどし水を200~300ccにするのが良いかも?。

ま~やってみて、より美味しいものをめざしましょ(笑)。
[PR]

by ryujio42 | 2012-07-25 17:25 | 男の料理 | Comments(6)

コウイカ

2011/5/23(月)

仕事で新宮のひとまるの里に行くことに。

ちゃっちゃと納品して帰るつもりが、魚介のところになんとも旨そうなコウイカが・・・・・。

f0000330_18512611.jpg


これは買うしかしかないでしょ~~。

夕方捌くときまでちゃんと生きてましたよ~。

どうです、この足の吸盤の食いつき(笑)。

f0000330_1852255.jpg


コウイカは墨が多いので、この墨袋を確保してイカスミスパゲティーにしようと思っていたのですが、ちょっとしたミスで墨袋を破ってしまう・・・・・(泣)。

イカスミは失敗しましたが、流石に生きてる身は甘くて美味しかった。

写真は撮りそこなっちゃったんですよ~・・・・(汗)。

次回は見事に墨袋を確保してイカスミスパゲティーを仕上げたいと思っております。

てか、捌く画像もアップできればと思っております。

やっぱ旬のもを食べるのは最高ですな!!。
[PR]

by ryujio42 | 2011-05-24 18:59 | 男の料理 | Comments(6)

初の5枚おろし

2009/11/26(木)

昨日、伊都菜彩で買ったヒラメがあまりに旨かったのでアップしちゃいます。

今日で4日連続の投稿・・・・・・えらいこっちゃ(笑)。

ちなみに今日は自転車に乗るのはやめました。

とにかく、いたるところが筋肉痛です。


まずは初めての5枚おろし。

うろこと内臓はとってもらっていたんで、頭をおとして半身をそぎとる。

f0000330_1881633.jpg


f0000330_1894161.jpg


身がしっかりしてるので、思った以上にうまくいったゾ。

調子に乗って反対側もやったんですが、うまくいかなかったので写真はなしヨ(笑)。


さて薄造りに挑戦。

我ながらうまくできたと思います・・・・・・かなり自慢(笑)。

f0000330_18121279.jpg


とにかく縁側が旨かった。

f0000330_18132676.jpg


回転寿しで食べる縁側はヒラメのものじゃないんだろうと思った次第です。
[PR]

by ryujio42 | 2009-11-26 18:13 | 男の料理

久しぶりの燻製

2009/7/8(水)

前回作った鳥はむ、燻したらもっとおいしくなるんじゃないと燻製にチャレンジ。

以前使っていた一斗缶スモーカーは廃棄命令がでてたので(笑)、今回ベニア板で作ることに。

大きさは100均で売ってある、四角い網の大きさ(225mm*225mm)に合わせて作ることに。


出来上がったベニアスモーカーはこんな。

f0000330_17515585.jpg


中はこんなになってます。

一応、前扉と天井は開くようにしてます。

f0000330_17525132.jpg


では、くるみのスモークウッドで2時間燻してみましょう。

1時間経った状態はこんな。

f0000330_17542739.jpg


どうも作りが悪かったみたいで、煙がこもらない。

なんで、色づきがイマイチかも・・・・・(汗)。

ま~いいやと、スモークウッドが燃え尽きるまで燻してみました。


で、こちらが出来上がった燻製のオードブル・・・・(笑)。

f0000330_17564488.jpg


なかなか良い出来栄えじゃないの~~。

特にゆで卵の燻製はプリンみたいな味がしておいしいんじゃないの~・・・なんか思ってました。

しか~~~し、家族は「あまり燻されてないんでビミョー」ときつい評価・・・・(泣)。


ま~確かに煙はどんどん外に出てたからね~。

今回作ったベニア燻製機、足を短くして、もうちょっと密閉度をあげないといかんみたいですね!!。


でもね、僕としてはかなりおいしく感じたんですよ・・・・・って、ちょっとしつこかった・・・・(汗)。
[PR]

by ryujio42 | 2009-07-09 18:01 | 男の料理 | Comments(18)

鳥はむ

2009/7/4(土)

水曜日は休みだったのに雨・雨・雨・・・・・(泣)。

ぼ~~~とネットでうろうろしてたら、鳥はむなるものを発見。

鳥好きとしては、やっぱ試してみないかんでしょうと、ササミを購入。


コチラが2日間、塩付けしたもの。

f0000330_17132264.jpg


これを1.5%の塩水で、約1時間塩抜き。

f0000330_1714334.jpg


沸騰した湯に入れ、再度沸騰するまで茹でる。

f0000330_17155080.jpg


このまま冷まして、冷蔵庫で8時間待つ。


で、切ってみましたよ~~~~。

どうですか、形はイマイチですがなにげにハムになってるじゃないですか~。

f0000330_17174533.jpg


酒のツマミに最高です!!。


作った後に、コチラコチラのサイトで復習・・・・(笑)。


で、よりおいしくするには、

1、コンブダシもしくは化学調味料(味の素)を溶かした湯で肉を茹でる。
 *もちろんコンブでダシをとったもので茹でるのがベストでしょうが・・・・。

2、新鮮な肉を、最小の時間で茹でること!!。
  これで、綺麗なピンク色の鳥はむができると思います。
  
3、肉はササミよりもムネ肉を使い、茹でる前に、しっかり形成する。

この3点はしっかり守ったほうが良さそうですよ。


それと、鶏肉にはカンピロバクターなる食中毒菌がいますので、加熱はしっかりとしてくださいね~。
[PR]

by ryujio42 | 2009-07-04 17:31 | 男の料理

タラの芽の天ぷら

2009/3/18(水)

今日は朝から天気良いんですが、タラの情報集め。

もちろん収穫もかねてますが(笑)。

朝早くから出ようと思っていたのですが、ダラダラしちゃって出発は9時。


タラの芽ポイントAに。

ここはほとんど手付かずの状態だったので、こんだけ収穫できましたよ。

まだ蕾のものが半分ぐらい。

今週末もそこそこ収穫できそうです。

f0000330_2073083.jpg


これで350g。

今回の収穫でNO1はこれ。

f0000330_20101247.jpg


幹の太さといい、葉の出方と申し分ないですね。

あんまり葉が出てないものが料亭とかでは好まれるみたいですが、このくらいがベストじゃないでしょうか。


今日新規に見つけたポイントはタラの木はけっこうあるんだけど、採りやすいところの芽はほとんど採られてる。

どんどん進んでいくと、やっぱ収穫してる60代ぐらいの夫婦が・・・・・(汗)。

走って行って採るのもできないし、すぐにUターン。


タラの芽採りは、タイミングが難しいですね。

早く行けば、蕾だし。

10分遅かったら採られてます。


でもね、タラの芽喰らう会の時は特Aポイント(たぶん僕しか知らないポイント)で収穫予定なんで大丈夫と思いますよ!!。



夕飯はもちろん天ぷら。

天ぷらあまり経験がないもんで、今度のタラの芽喰らう会に備えて自分で揚げてみる。

やっぱ天ぷらは難しい。

一応こんなんです。

f0000330_201239100.jpg


f0000330_2013487.jpg


揚がり具合は巨匠に判断してもらいましょう(笑)。

見た目は関係無しで、やっぱ旨いですよ。

特に、幹が太いヤツ。

これを、葉っぱのほうから食べ始め、根元にきたときに、なんともいえないエグミ。

これがタマラン旨い!!。


でもね、やっぱ天ぷらは、人に揚げてもらって、なおかつ揚げたてを喰らうのが一番うまい。

「タラの芽喰らう会」の時は、揚げ役やりますという人待ってます(笑)。
[PR]

by ryujio42 | 2009-03-18 20:18 | 男の料理 | Comments(18)

マイナリストの詩

2009/2/11(水)

先日shigeさんのところで収録した「マイナリストの詩」。

maSatoさんに撮ってもらって、それをそのままyou tubeにアップしたんですが、テトラさんの顔がガッツリ写ってる。

てなことで、公開せずにいました。


で、ぼくのIDでyou tubeにログインしてもらって参加の方々(maSatoさん、かおりんさんはメルアドわかんないんでお知らせできなかったです)に見てもらったんですが、やっぱ他の人も見れるように公開したほうがと。

テトラさんも、「ちょっと顔がでても大丈夫です」といってくれました。


しか~し、ホームページビルダーで動画の編集ができるのをこちらで知ったんで、やってみることに。

朝8時から取り組み、途中買い物なんかにも行きましたが、結局5時間ぐらいかかったかも(汗)。

ちなみに、みなさんのところから画像をケッパラさせてもらってます。

事後承諾ですが、どうかお許しを・・・・(汗)。


やっぱ巨匠はあんだけの動画を作るんだから凄いですね~。


動画はコチラです。良かったら見てやってくださいね。

あ~それと、そのページにこの前の福智山ダムの動画と、かおりんさんのコロコロの動画もありますので見てネ。



話は変りますが、カテゴリが「男の料理」になってますよね。

今年もちゃんとイカの塩辛をつくりました。

今日は伊都菜彩で朝捕れのスルメイカが手に入ったんですよ。

f0000330_173234.jpg


どうです、まだ身が透明ですよ。

f0000330_1733536.jpg


捌いた時点で、身と肝の重量の5%の塩を計っておきます。


墨袋は丁寧にはがしましょうね。

f0000330_1741865.jpg


取り外した肝に先ほど計った塩をがっつりまぶして、3時間ほど冷蔵庫でなじませます。

f0000330_1753871.jpg


身はしっかり水をきって、冷蔵庫で干します。

ここで、しっかり身の水分をとってやることで、肝のからみが良いとのことです。

f0000330_1771011.jpg


塩をなじませた肝は、包丁でたたきます。

肝だけをしごきだすやり方もありますが、今回はたたいてみました。

f0000330_1783586.jpg


食べ易く切った身に、この肝をまぶしてできあがり。

f0000330_179262.jpg



1日に2~3回かき混ぜて、3日目ぐらいから醗酵がすすんで食べれるようになるでしょう。


イカの塩辛を作ろうか?と思った方は、僕の記事じゃ説明不足なんで、コチラコチラを参照してみてください。
[PR]

by ryujio42 | 2009-02-11 17:17 | 男の料理 | Comments(20)

米の麺

2008/2/1(日)

先日たつしに行った時に、大将が米の麺を作ってるがうまくいかないと言っていたので米の麺を作ってみよう。

てなことで、ネットでいろいろ調べてみる。

まずはこちらのレシピでやってみよう。

てなことで米粉と片栗粉を買いに近所のスーパーに。

うるち米の粉を上新粉、もち米の粉を白玉粉というの知ってましたか?。

実はこの日に知りました(汗)。


レシピどうりにやってみます。

f0000330_17311083.jpg


加水率は約80%ですね。

小麦粉では考えられない加水率です。

しか~し、なかなか良い感じにだんごができたんで、片栗粉を入れない米粉100%のだんごも作ってみる。


ここでちょっとだんごを寝かす。

小麦粉じゃないから寝かす必要はないのかもしれないけど・・・・。


1時間ほど寝かして、米粉100%のだんごをパスタマシーンにかけてみると、とても麺ができる状態ではない。

麺帯にしようとしても、ブチブチ切れて麺帯ならない。

で、米粉と片栗粉のだんごをパスタマシンに。

これはそこそこ麺帯になるのですが、その後3mmのカッターにかけるとくっついちゃって麺にならない・・・・(汗)。

この2つのだんごをまとめると麺になるかな?、なんてかすかな期待をもって混ぜてみても変わりなし。


これは麺にするのはとても無理です。

しか~し、これを捨てるのももったいない。

小さい団子にして茹でるか?。

それも芸がないな~なんかいろいろ考えて、思いついた。


ここはグルテンを混ぜてみましょう。

と、米粉 + 片栗粉 に10%のグルテンを混ぜてみる。


これでなんとか麺になりましたよ。

f0000330_17531895.jpg


茹でてみるとちょっと色が悪いですね。

f0000330_17541215.jpg


食べてみても、ネチッとした食感でイマイチ。

味も旨みがあまり感じられないですね。


次回は天然かんすいで試してみよう。
[PR]

by ryujio42 | 2009-02-02 17:15 | 男の料理

今日は休出

2008/12/17日(水)

今年もあと半月となってきました。

となると、やっぱ忙しい~~~~~~。

てなことで休出。こんなに天気が良いのにね~・・・・(泣)。


世間は景気が悪くなってるんで、仕事があるだけ良しとしなきゃ~ね。


なんとか予定の仕事も終わりかけたときに、釣りに行った相談役が帰ってきた。

なんかめっちゃ気の毒そうにしてるな~と思っていたら、帰り際にこんなんくれましたヨ!!。

f0000330_18554872.jpg


2キロぐらいの真鯛。なおか~つ3枚におろして、皮までひいてあるじゃ~ないですか!!。

ん~~~ありがたや。


家に帰り、早速刺身に。

f0000330_18581817.jpg


身がプリプリしてて、包丁がうまく入らない。

最近研いでなかったからね~。


この盛り付けが苦手なんですよ・・・・(汗)。

しか~し、今日のはそこそこ満足。

f0000330_18595738.jpg


見るからに身がしっかりしてるのが解るでしょう。

この弾力は、イセエビの刺身っぽい感じですよ。

実際、伊勢えびの刺身より甘みガがあって、プルプルしてて旨かったですよ。


血合の部分も綺麗ですね。

f0000330_1931570.jpg


さてどう料理しようか?。

まず思いつくのが潮汁。

しか~し、すでに味噌汁が作ってあった。

てなことで、オリーブオイルでニンニクを炒めて、そこに切り身を入れさっと炒める。

仕上げに、バジルパウダーをふりかけ、ネギをそえる。

f0000330_1963078.jpg


酒のツマミには最高でした。
[PR]

by ryujio42 | 2008-12-17 19:23 | 男の料理 | Comments(22)

ふしめん

2008/4/29(水)

約10日ぶりの更新です(汗)。

更新しようにもネタがなかったのよ~~~ん。

といっても、今回もたいしたネタではないのですが。

この前のまた会おうぜhoshizouさんツーで寄った、西海橋の売店でたまたま買ったふしめん。

f0000330_8592027.jpg


たいしたことないだろうと、袋を開ける前の写真は撮ってなかったッス(汗)。


5~7分茹でて、冷水でしめて、味噌汁の具やサラダの具にすると良いと書いてあります。

どちらかというと、表面柔らかめが好きなんで7分茹でてみました。

冷水でしめてみると、なんか茹ですぎたような気配・・・・(汗)。

f0000330_941014.jpg


麺の形状は変ってます。

f0000330_944274.jpg


なぜこの形にしたのかは不明です(汗)。

一応、調べてみました(笑)。

「ふしめん」は、麺を干す際の一番上の曲がり角の部分とのことです。麺の重さに耐え抜いた「ふし」ですから、大変こしがあるそうです。

ひやかけで食べてみました。

f0000330_953178.jpg


すると、びっくり!!。食感がなんとも言えないくらい凄い。

口に入れた瞬間は、まるでワンタンの皮の食感。

ワンタン→雲呑とも書かれますが、まるで雲を呑むような感じなんです。

しか~し、麺を噛み込むとしっかりとしたコシが。

1時間ほど茹で置きしても、のびません。五島うどんの製法が使われてるのでしょうネ。
この麺は良いですよ~。


長崎方面に行って、これを見かけたら是非試してみてください。

びっくらこきますよ~~~(笑)。


あ~それと、家庭菜園はコチラでやってますので、気が向いたら見てやってくださいネ。
[PR]

by ryujio42 | 2008-04-30 09:11 | 男の料理 | Comments(8)