タグ:うどん ( 10 ) タグの人気記事

ミツバツツジのトンネルを見に行こう

2008/5/7(水)

忙しかったGW明け、やっと休めました!!。

去年イマイチだった、椎原峠~背振のミツバツツジのトンネルを見に行きます。


とはいっても、朝にちょっとした仕事で9時半から出発。

いつものように、三瀬峠越えです。

ほぼループは完成してますね。


今回は昨年のことをふまえ、しっかりバイクで九州自然歩道まで行きましたよ~(笑)。

f0000330_1871433.jpg


ここからテクテク背振山を目指します。

気持ちよい尾根道ちょっと歩くと椎原峠です。自然に優しくしましょうね~。

f0000330_18102028.jpg


このあたりではだいぶ花びらが散ってます・・・・・(汗)。

今年はちょっと遅かったかな?。

f0000330_18123265.jpg


唐人の舞のちょっと下の広場のミツバツツジ。イマイチかも?。

f0000330_18134130.jpg


これはタンポポ?。

f0000330_18143418.jpg


唐人の舞を過ぎるあたりで、降りてくる人に「上の方のミツバツツジはどうですか?」と聞いてみると。

な、なんと「満開で素晴らしいですよ」とのこと!!。


やった~、実はこのアタリで引き返そうかなんて考えてました・・・・(汗)。

歩を進めるにつれ、ミツバツツジのツボミもちらほら見えるようになってきました。

f0000330_18223843.jpg


ミツバツツジも綺麗に咲いてます。

f0000330_18242791.jpg


f0000330_18245148.jpg


お~綺麗じゃ~と歩を進めてると、開けたところに到着。

そこからの背振山です。

これより先のミツバツツジはそう期待できないんで、ここから引き返します。

f0000330_18262652.jpg


ミツバツツジが一番綺麗な場所は、この広場から唐人の舞までの間ですね。


これがミツバツツジのトンネルです。

やっぱ綺麗ですよ~。動画も撮ったのですが、なぜかフォト蔵にアップできないんですよ(汗)。

うぐいすの泣き声もしっかり収めてきたのに・・・・(泣)。


f0000330_18302121.jpg


f0000330_18304243.jpg



約5キロの楽しいトレッキングでした。

GW休まずに仕事したご褒美ですかね・・・・(笑)。


バイクのところに戻ったら、もう12時過ぎてます。かなり腹が減ってきたぞ~~~。


で、古湯温泉に浸かって、吉蔵でラーメンと思っていたのですが、やまびこの湯に変更。

f0000330_18345589.jpg


まずは風呂に入って汗を流します。

浴槽はこんなで展望バツグン。向こうの道からはばっちり見えてるんでしょうね(笑)。

f0000330_18394697.jpg


露天風呂もソコソコ良いゾ。

f0000330_18402224.jpg


気持ち良い風がふいて最高です!!。


風呂上りは、200人はゆっくりは入れそうなおおきな休憩所で昼ごはん。

みつせ鳥のうどん(500円)とおにぎり(200円)です。

f0000330_1844888.jpg


味はあまり期待してなかったのですが、かなりうまかったです。

みつせ鳥が柔らかくてうまかった。

f0000330_1846202.jpg


こういった温泉施設といって侮るべからず!!。


お腹もいっぱいになり帰路に。

15時前に到着です。

約70キロのショートツー&トレッキングでしたが、かなり楽しめました。

なおか~つ、小鳥の声で癒されましたよ~。


フォト蔵君、動画のアップできるようにしてちょうだい!!。

動画アップできました。

こちらで見てください。

山の中での小鳥のさえずり、癒されますよ~~~。
[PR]

by ryujio42 | 2008-05-07 18:50 | 山登り | Comments(20)

鳴門うどん

2007/7/19(木)

所用で朝倉方面に行ったので、最近行ってなかった鳴門うどんへ。

8時半だけど、そこそこおきゃくさんも入ってます。

うどん・そばは1玉~3玉までは同じ価格なんで、家族づれ、若い男性が多いですね。


行くまでは、かなり腹がへっていたので、ごぼう天の2玉と親子丼のセット450円

f0000330_2389100.jpg


にしようと思っていたのですが、つけ麺を発見!!。

f0000330_2385861.jpg


これは食べとかなきゃいかんでしょ~と、つけ麺2玉と親子丼のセット550円を注文。

f0000330_23102449.jpg


つけだれは、醤油風味とカレー味があるのですが、今回は醤油風味をチョイス。

このつけだれ、ちょっと少なくないですか?。なおか~つ、つけだれの追加は210円とのこと。

f0000330_231350100.jpg


これだけ、低価格で攻めてるのに、つけだれの追加だけはめっちゃ高くない!!。

この価格設定は理解できん・・・・・・・(汗)。

つけだれには、豚バラ、しいたけ、揚げ玉が入っていて、丼つゆに肉系のだしが混ざった感じですかね。

そこそこいいんですが、ちょっと甘すぎる気がします。

最初、少ないと思っていましたが、2玉食べるには十分でした。けっこう濃いですね。


うどんは、前回よりすこし細めになった気がします。

f0000330_23251349.jpg


でも、相変わらずしっかりとしたコシは健在でした。

こんだけのうどんなんで、醤油うどん、ひやかけあたりのメニューが増えると良いと思うんですがね~。


けっこう腹がへっていたんですが、最後のほうはかなりきつくなりましたよ。

この味・量でこの価格ならば言うことなしじゃないですか。

次はカレー味にしてみようかな。
[PR]

by ryujio42 | 2007-07-19 23:25 | グルメ | Comments(14)

福智山 山麺会

2007/5/13(日)

前回、福智山に登ったときにたぬき水がとても良かったので、福智山山麺会の募集をしたところ

麺ブログの大御所へのさんより参加表明がありました。

流石へのさん、その人望で麺山族の方々からの参加表明もしてらい合計8名での山麺会となりました~。参加の皆様、ありがとうございました!!。

お~~~と、マイナリストからは、はるばる鹿児島より紅一点、ななさんが参加してくれましたよ。

ほんと嬉しかったです!!。

OhIkeさんは、仕事が忙しいなか、ななさんのお迎えに早朝から出てきてくださいました。

おまけに、中屋のうにまでいただき、ほんとありがとうございました!!。

f0000330_17172545.jpg


このうに、めっちゃうまいです。仙崎あたりに行った際は是非!!。


8時、小倉のたけやに集合だったのですが、7時半到着です。

ここ、たけやの人気は凄いですね!。この時間で待ちがでてます。

f0000330_17294648.jpg


でも回転はよく、すぐ席につけて、肉うどんを。この柔らかいスジ肉はうまいですね~。


食べ終わった頃に熊さん、Nさんも到着され鱒淵ダムへ向かいます。


鱒淵ダムに到着し、さ~出発です。

昨夜の雨がうそのように、めっちゃ良い天気ですね~。

f0000330_17392788.jpg


ここで今日のメンバー紹介です。

左から

ななさん:鹿児島からの参加。すっごいパワフルな面倒見のいい南九州の姉御様です。
      ななさんの入れたコーヒーを飲むために、南に向かう人も多いとか・・・・。

へのさん:言わずと知れた麺ブログの大御所!。
      麺を噛み込んだ瞬間の表現の素晴らしさは日本一でしょう。
      
Take4さん:永遠の青春番長!!。人なつっこい笑顔で女を落とします。
        無類の「もつ鍋」好きなのか、「もつ鍋」の言葉への反応は凄いゾ!!。

Nさん:麺の食べ歩きでは、特に1日で食べる店の多さで、この人の右に出る人はいないでしょう。彼が讃岐に行くと、1日に10軒以上食べてます!!。なお~つ、名物天ぷら欠かさないとのこと。おそるべし讃岐うどんじゃなくて、「おそるべしNさん」と言っていいかも?。

くまさん:フルマラソン(42.195キロ)完走多数。しかも出場時は全て完走!!。
     なおか~つ、1キロ6分の速さ。コワモテ?なんだけど、人あたりはめっちゃ良いです
     「人は見た目でじゃない」というのを痛感させられましたね。そのうち、あまがみしてほい
     いという女性が増えそうな予感。

てっちゃん:今回初お目見えの方です。この方も、見た目とは裏腹に山登りで遅れることはまっ
       たくなかったです。すげ~と思って聞いてみると、なんと中・高校生の間、柔道部の
       主将を努められた猛者だったんです。福岡市内のラーメンは食べつくしてるかも。

マニさん:特攻隊長という呼び名は彼の為のものかと言わんばかりに、ラーメン屋さんに突入
      してます。実際、ブログに載せる麺屋さんは1~2割だとか・・・。凄すぎるゾ~。
      確かに、ここを見て、行った麺屋さんでハズレは皆無でしたよ。


この赤い橋を渡るときは、今から起こるであろう楽しいことが頭の中を巡り、めっちゃワクワクしてきますネ。

f0000330_19201559.jpg


やっぱ新緑の沢沿いの登山道は気持ちいいですね~。吸ってる空気もおいしい!!。


七重の滝コースでの難所、鎖場ですね。楽勝なんですが、昨日の雨で岩が湿ってるもんでちょっと気をつかいますね。

f0000330_192341100.jpg



七重の滝なだけに、滝の写真を1つ。

f0000330_19253233.jpg




山頂での集合写真です。

朝OhIkeさんに顔が腫れてると言われたんですが、僕の顔、確かに大きいような・・・。

f0000330_19311042.jpg


いつもだよ!という突っ込みは無いよな~と、抑制を促しておきましょう!。



さ~ここから、たぬき水のそばで山麺の開始です。

f0000330_1934554.jpg



流石にたぬき水、茹でた麺を一気に〆てくれます。

やっぱ、冷たい麺の方がおいしかったような。

たぬき水のパワーは凄いですね~。


今回なまうどんを3キロ用意してたのですが、猛者の集まり!!。茹で上がった麺はあっという間になくなります。

たぶん、倍の量
は大丈夫だったような・・・・・・恐るべし!!。


うどんは、温・冷、あと薬味でいろんなおいしさを出してくれるので、おもしろいですね~。


さ~そろそろ終わりかなと思ってたら、ななさんがお湯を沸かしはじめました。

流石!!。みんなにコーヒーを作ってくれました。

めっちゃうまかったです。

毎度のことながら、この気配り参りました・・・。ほんと、ありがとうございました。


てなことで、撤収して下山です。

普通に下ってたんだけど、ちょっとペースが速いんじゃ」ない?。

麺山族、軟弱登山隊といいつつパワフルでしたよ~。


下山後は、あじさいの湯へ。

途中、響さんより迎撃!!。みんなに栄養ドリンクの差し入れです。

ありがとう~~!!。疲れもこれで一気に吹き飛びましたよ~。


あじさいの湯に到着してみると、駐車場の満杯です。、これはマズイかな~なんて思っていたら
風呂が大きいのでゆっくりできました。ただ800円はちょっと高いかも・・・・・。


露天風呂でどこぞの麺を啜るかでもりあがり、結局1時間近く風呂に入ってました。


風呂からあがって、麺ピュータのみなさんに決めてもらった「がんこもん」を目指します。

ところが、なっなんと売り切れ・・・・・。じゃ~「黒門」でしょ~と行ってみると、ここも売り切れ

世間の方々はおいしいラーメンには目がないんですね~・・・・。


ここで、解散となりました。

天気も最高で、めっちゃ楽しい1日でした。

てなことで、山麺会近いうちにやりましょうね~。

あと、3L鍋&強力コンロの持ち主の方の参加待ってますね~。

*今回山に担いだ大鍋・・・・麺を茹でるのに時間がかかりすぎるし効率が非常に悪いッス。
[PR]

by ryujio42 | 2007-05-14 21:01 | 山登り | Comments(27)

たけや

2007/4/11(水)

今日は福智山の登ったんですが、登山レポを書き上げる気力がないので、登山前にいった

「たけや」のどきどきうどん(肉うどん)のレポで許してちょ。

小倉近辺では肉(牛スジ)うどんが、どきどきうどんと呼ばれており、それを食べてみたかったんです。

小倉の肉うどんはこちらにかなり詳しく書いてあります。興味のある方は覗いてみてください。


早朝から開いてる「たけや」をチョイス。

f0000330_191568.jpg


7時半ぐらいに着いたんですけど、先客5名。

小倉では、早朝からうどんを食べる風習があるのか?。なんか、さぬきチックですね~。


メニューも見ずに、肉うどんを注文!!。

ちなみにメニューはこんなです。

f0000330_19192050.jpg


中盛り・大盛りもできるみたいなので、中盛りにしてもらいました。

それと、ちくわ天も追加。

f0000330_19521333.jpg


てんぷらは、注文してから揚げてくれました。アツアツでうまかったですよ~。


さ~でてきたうどんはこちら。

f0000330_19183358.jpg



肉がいっぱい入ってます。スジだから硬いのかなと思いきや、じっくり炊いてあるみたいで、ほどよいやわらかさでうまいッス。

さ~次に麺。工場生産のふにゃふにゃ茹でおき麺を予想してたら、なっなんと見事なコシ!。

この麺はうまいんじゃ~ないの~と、厨房を見ると、手打ちでした!!。

うまいハズです。さぬきでも負けない麺じゃないですか。


次は汁じゃ~とすすってみると、これは、関東風というか、ダシが薄くて醤油が強くて辛めです。

ん~、肉・麺と良かっただけに、この汁は残念ですね~。



漬物も4種類取り放題みたいです。すいません、写真は3種類ですね~(汗)。

f0000330_1950591.jpg



食べてる間に、お客さんが入れ替わり入ってきます。やっぱ人気店みたいですね~。

もう1回いって、汁がどんなもんか食べてみたいです。

うどん(麺)好きの方にはオススメの店だと思いますよ~。
[PR]

by ryujio42 | 2007-04-11 19:58 | グルメ | Comments(14)

阿蘇野焼きー別府秘湯

2007/3/22(水)

今日は天気も良く、気温もすこし高くなるとの予報で、これは行くしかないでしょ~と行ってきました。

OhIkeさんに、阿蘇の野焼きもやってるとの情報を得て、阿蘇経由別府でルート設定です。

5時ぐらいに起きて出発しようかなと思っていたら、結局起きれず7時出発に。

1人のツーリングで良かった~(汗)。


やっぱ、ここははずせんでしょと元祖長浜屋に。

今日は以上に客が多いぞと思っていたら、麺上げを新人がやってます。

普通は席について、遅くても1分ぐらいで出てくるんですが、今日は5分ぐらいかかったかも。

とにかくこの新人、要領が悪い。

「麺の注文を聞く前に、どんどん麺を茹でなさい」とベテランさんから言われてます。


で、ようやく出てきました。

f0000330_19432526.jpg


いつものように、生を注文したんですが、麺がねちゃっとしてます。これは間違いなく、ぬるい湯で茹でてます。

ま~元祖やけんね~、さっさと食べ、替え玉を注文。

これもまた出てくるのが遅い。でも、麺の茹で具合は良かったです。

新人君がんばれよ~。次回は、ちゃんとしたものを提供してね。


さ~腹もいっぱいになり、阿蘇を目指しましょ~。

いつものように、国道3、国道386、国道210で、9時過ぎに日田一品街でコーヒーブレイク。

針摺をすぎたあたりから、かなり寒くなってきました。このあたりに、気温の分岐点があるんじゃないかと思ってしまいましたよ(笑)。

ファームロードを走ろうかと思ったのですが、遠回りになるので、国道212で阿蘇(外輪山)を目指します。

途中、野焼きのため10時からミルクロード通行禁止と掲示してあります。


この時間では、10時前に到着は無理。大観峰からやまなみハイウェイへ出れなかったら戻ればいいさと、大観峰へ。

大観峰から西へ向かうミルクロードは通行止めなってましたが、東に向かう道は大丈夫だったのでやまなみハイウェイへ向かいます。

f0000330_2011571.jpg


途中、電線が焼けてしまうぞ~てぐらい、火があがってるところがありました。

f0000330_2013219.jpg


おっちゃんが、ジッポで火をつけていってます。

f0000330_2021249.jpg



やまなみハイウェイに入り、火にもっとも近いところでパシャ!。

風向きが変わると、すぐそばまで火がきましたよ~。熱~~~。

f0000330_20351100.jpg



瀬の本を過ぎ、牧戸峠へ向かう道ではまだ雪が残ってます。

f0000330_2052286.jpg


寒いはずですよね。

長者原から九重(硫黄山)を。雪がかなり残ってます。山登りも楽しかったかも?。

f0000330_2073020.jpg



やまなみハイウェイを水分峠に向け走ります。途中、山下湖がかすかに見えたんですが、氷がはってたようです。


狭霧台に着きました。

このあたりも野焼きのあとみたいで、イマイチですね。ここは新緑のころがいいかな~。

f0000330_20112765.jpg


由布岳です。西峰登ったら怖いぞ~~。鎖場苦手です。

f0000330_2012150.jpg




今回初めて、由布岳と鶴見岳の間の道を走ってみました。

この道は、九州という感じがあまりしません。なんか、信州っぽい。

って、「信州はしらめ~もん」というツッコミは許してね(笑)。

なんかそんな気がするんですよ~~。


で、ゼル君も信州ぽく。しつこいぞ~~。

f0000330_20172717.jpg



なんとか12時前に、鍋山の湯に到着です。

f0000330_20184252.jpg


こんな感じの道を10分ほど登ります。

f0000330_20434768.jpg


最近運動しとらんけん、息切れしようやん。ゼ~ゼ~。

今日は、RV車を持ち込んでバーベキューをしてるグループもいます。

f0000330_20205920.jpg



いつものように、ドロ湯に向かっていたんですが、なにやら若い女の子の声が。

ちょっとまずいな~と思っていたら、立ち上がったオネエちゃんと目が合ってしまった(汗)。

オネエちゃん「きゃー、びっくりした~」と。

おいおい、ここは混浴の露天風呂だぜ。と、ドロ湯に向かおうと思ったのですが、なんせ小心者

下の黒湯に。

f0000330_2025384.jpg


オネエさん方、こっちに下りて来んかな~なんて思いながら、温泉に浸かっていたらミョーに腕がかゆい。

ジンマシンがでとるじゃないですか~~~


速攻、風呂からあがり服をきました。

ここまで来たからには、ヘビか鶴には入りたいな~と思っていたら、こっちに来た男の人が、鶴の湯は
湯が少なかったです。ヘビのほうがいいですよと。


鍋山の湯に、少し未練を残しながら、ヘビの湯へ。

1年前来たときよりも、バージョンアップしてます。蛇湯小屋なるものまでできてました。

f0000330_20372514.jpg


ここは、川のなかにあるお風呂で、2年前は浴槽は2つだったのですが、今回5個に増えてます

地元の方が、いろいろと整備されてるみたいですね。

f0000330_20381934.jpg


ここの湯はきれいですよ。

f0000330_20364910.jpg



ここでは、ジンマシンのかゆみも治まっていたので、ゆっくり浸かれました。

地元のオジサンとの話も面白かったです。

鍋山の湯のドロ湯、どうやら虫がわいてるらしいです。

入らんでよかった~。しか~し、あのオネエちゃんたち、大丈夫かいな・・・・。


13時過ぎに、ヘビの湯を後にし、林道近辺でタラノキを探したのですが見当たりません。


腹もへってきたな~と、ふらりというラーメン屋さんへ。

なんと、水・木連休しますと・・・・・。ガックリ!!。


ま~いいやと、お土産の蒸しプリンを買うつもりだった、明礬温泉の岡本屋へ。

お~~~、うどんやってるじゃ~ないですか。

で、温玉うどん(400円)を。

f0000330_2113670.jpg


シソの葉がいいアクセントでうまい。

あとでメニューを見ると大盛り50円増しと。失敗した~、大盛りにしとけばよかった!!。

蒸し卵は2個100円でした。安!!。

f0000330_2135084.jpg




お土産の蒸しプリン(210円)も買いましたよ~。

f0000330_2152156.jpg


長女曰く、「そんなにおいしくないよ」と。

「おまえな~、そう思っても、買ってきたひとにはなんか言い方あろうが~~」。

とヤキをいれときました(笑)。


てなことで、約360キロの気持ちいいツーリングでした。
[PR]

by ryujio42 | 2007-03-21 21:18 | ツーリング | Comments(27)

五島うどん

2007/2/11(日)

今日はツーリングの予定だったのですが、家の事情でいけなくなってしまいました。

午前中に用事は済んだんですが、あまりに天気が良すぎる。

で、以前、禄太郎さんが紹介していた糸島の曲田の里にある「五島うどんに」。

f0000330_19411677.jpg


魚・野菜の生鮮売り場は、ふくふくの里に比べるといまいちですね。

活気がないんですよね~。

ま~、魚・野菜はふくふくの里で買うとして、うどんを食べましょう。

野菜天丼とうどんのセット(Bセット 600円)を注文。

f0000330_19452025.jpg


このうどんは麺、汁ともにうまい。特に麺は、細めのうどんなんですが、口当たりがいいの

に、しっかりとコシがあります。これは、オススメですよ~。

f0000330_19473634.jpg


野菜天丼は、揚がり具合がちょっと。衣がふにゃふにゃなんですよ。かかってるツユはおいしい

ので、ちょっともったいないですね~。

地獄炊き(700円)なる、釜揚げうどんふうのものがあったので、次回はこれを食べてみたいで

すね。

その後、ふくふくの里に行ったのですが、魚はほとんど売り切れです。

やっぱ、ここで魚買おうと思ったら、休日は10時までには行かないとダメみたいですね。

ブリの刺身ブロックが買いたかったのに・・・。とほほ

嫁さんに電話すると、野菜をいろいろ買ってきてとのことだったので、そこそこ買い込みました。

今回はパニアケースを着けてきてるんですよ!!。

どうだ~、こんなに入るんだぞ~。

f0000330_19552854.jpg


このケースはいいですね。今からいろいろと役にたってくれそうです。


魚が買えなかったので、周船寺の「おさかな天国」に。

ここにも、これはというものはなかったので、久々に牡蠣を買っちゃいました。

1キロ800円。少し小ぶりだったので15個入ってました。

f0000330_19592961.jpg


もちろん、炭火焼ですよ。

f0000330_200412.jpg


f0000330_2002647.jpg


うまかった~~~。

禄太郎さんの言うように、1人1キロはペロリといけますね。
[PR]

by ryujio42 | 2007-02-11 20:07 | グルメ | Comments(10)

黒岳登山

2006/11/8(水)

たいようさんより九重登山のお誘いがあり、まだ行ったことがない、紅葉の黒岳ルートに決定しました。

朝3時起床。
前回の石見銀山ツーの遅刻のにの舞は踏めないので、しっかり目覚ましをセットしましたよ。

なんだかんだ用意してたら、3時半を過ぎてます。
前日の夕方かなり寒かったので、車で行こうと思っていたのですが、外に出るとそんなに寒くない、でいつものようにバイクで行くことに。

お決まりのオマジナイです。 「今日は替え玉1つで許しとっちゃろう!!」。
f0000330_1810548.jpg

ここで4時20分、今日はゆっくり余裕があるぞ。
国道3号で針摺、国道386号で夜明ダム、国道210で日田へ。

甘木を過ぎるとかなり寒くなってきました。日田の新しくできたトンネルで気温5℃です。
かなり寒くなったので、日田一品街でコーヒーブレイク。

国道210号を走ってると、慈音の滝のところでは気温3℃です。
路面凍結はなさそうです。6時頃ですが、やっぱりトラックが多いですね~。

豊後中村で県道40号へ。
まだ1車線の工事道路がところどころあります。去年の台風はひどかったんですね。
九酔渓の紅葉はもうちょっとでした。休日の昼間はむちゃくちゃ混雑する桂茶屋からの撮影です
f0000330_18215625.jpg

桂茶屋のちょっと先に展望台がり、そこのもみじです。
f0000330_1823499.jpg

九重夢大吊橋に寄って見ましたよ~。
まだ7時前だというのに、5・6台の車が来てました。吊橋は門が閉めてあり入れないようです。
8時半開門とのこと。あんだけ混雑するんだからもっと早く開ければいいのにね。
駐車場からの写真です。
f0000330_18264023.jpg

長者原に向かう道です。硫黄山からの煙があがってて好きな景色です。
f0000330_18282273.jpg

長者原に寄って見ました。
凄い霜です。気温は0℃ぐらいじゃないかと思います。写真を撮ってたら、鼻水がでてきました
f0000330_18301141.jpg
f0000330_18303122.jpg
f0000330_18305077.jpg

牧の戸峠から瀬の本に下る途中の展望所からの撮影です。

阿蘇は見事な雲海が見れたと思います。
これが本日のベストショットかな~!!。
f0000330_1833474.jpg

涅槃像も。
f0000330_18342166.jpg


瀬の本に7時半ごろ到着です。たいようさんはもう来られてました。
簡単に挨拶をすませ登山口の白水鉱泉の黒嶽荘を目指します。
国道442号・大野川上流広域農道・県道621と繫ぎ8時半前に白水鉱泉に到着です。

早速炭酸水を飲んでみましたが、シュワシュワしておいしいですね。山登り用に500ccのペットボトル分いただきました。2Lから100円お金がかかるみたいです。
f0000330_1840455.jpg

白水鉱泉のチョット先広場に車を止めいざ登山です。
8時半すぎから登山開始です。

たいようさん気合が入ってます。
f0000330_18411499.jpg

最初はこんな感じの紅葉の落ち葉の上を歩いていきます。自然のじゅうたん気持ちいいです。
f0000330_1843547.jpg

その後かなりの急登が続きます。も~ゼーゼーいいながらなんとか歩を進めます。
こんなロープ場もあります。たいようさん、まだまだ余裕ですね。
f0000330_18453135.jpg

少しづつ高度が上がってます。
f0000330_1847222.jpg

こんなところもありましたよ~。まだまだ余裕の表情かな?。
f0000330_18481712.jpg

なんだかんだで、前岳山頂到着です。
f0000330_18494585.jpg

ここから、どんどん高度を上げて、黒岳に向かいたいんですが、一度下ります。
結構急なんですよ。
f0000330_1851954.jpg

ここが前岳と黒岳の最低鞍部です。ここからまた急登が続きます。
f0000330_185667.jpg

前岳まではなんてなかったんですが、一回下ってまた登りが始まり、どうも足が堪らんぞ~ということを聞いてくれなくなってきました。
たいようさんも、ポーズはとってくれてますが、きつそうですね~。
f0000330_1858234.jpg

あ~もうきつかバイ。と、たらたら登ってたらこの標識。元気が出てきました。
f0000330_18593440.jpg

なんとか登山開始から4時間で黒岳山頂に到着です。
2人とも笑ってますが、なんか表情が疲れてます。
f0000330_191698.jpg

黒岳からの景色です。左から大船山・三俣山・平治岳です。天気もいいし綺麗ですね~。
f0000330_1925548.jpg

天狗山です。こっちにも登ろうかと思っていたのですが、ぼくの足が「そげなことはせんめ
ーね」
と訴えてますのでやめました。
f0000330_19455479.jpg

山頂で昼食です。場所があまり広くなく、人がけっこう多いです。もっとゆっくり食べたかったですね。
僕はインスタントラーメン、たいようさんはカレーライスでした。
このときは、もう写真を撮る気力がないほどへろへろになってました。

1時間ほど休憩し下山の開始です。
下りも岩場のかなりの急勾配です。
f0000330_1912852.jpg

急な下りが終わり、大船山との分岐です。
たいようさん、いまから大船山に登ると行ってます(やめてくれ~)。
まっ冗談でしたが、なんかスーパーマリオに似てません?。
f0000330_19151219.jpg

こんな標識があったので、上峠は違うよと思ってたのですが、予定ルートはこっちでした。
これでぼくらは、1キロほど余計に歩くことに。
f0000330_19475130.jpg

標識に、「マヨウ・ダメ」と書いてありますが、明るいうちなら、テープが木に着いてるので迷うことはないと思います。
でも今回のルートこちらで玄人好みの周遊コースとありましたが、ぼくらのような初心者にはちょっと辛かったですね。ルートで解りにくいところが何箇所かありました。

17時前に何とか登山口に戻ってきました。
8時半~17時かなり歩きましたね~。

次の登山予定なんかを話して、帰路につきます。
次は、九重中岳レベンジ登山に決定ですよ~。日程は決まってませんが、近いうちに決行しようと思ってます。

みなさんの参加待ってますよ~。

帰り、めちゃくちゃ腹が減ってたので、筑紫野の鳴門うどんに。
ここはうどん1玉でも3玉でも値段は同じなんです。
で、カツ丼とごぼう天うどん(2玉)のセット650円を。
f0000330_1934219.jpg

しか~し、なんかすぐに腹いっぱいになり完食できませんでした(汗)。

20時半に無事家に到着しました。

本日の走行304キロなり。
[PR]

by ryujio42 | 2006-11-09 19:51 | 山登り | Comments(12)

石見銀山改め三段峡ツー

2006/11/5(日)

OhIkeさん企画の石見銀山ツーリングに参加です。

5時めかりSA集合だったんですが、チェーン交換が成功したもんだから、有頂天になり朝起きれませんでした(汗)。

目が覚めて、時計を見ると4時、仕事まであと2時間近く眠れる。さ~もう一寝入りするか~と思ったところで、もしかして今日はツーリング?。

まずいぞ~!!
今日は3時前に起きて、おまじないの元祖長浜屋でラーメン食べていくつもりだったのに・・・。
速攻用意をして、出発前にOhIkeさんに「遅れます」とメールを打っていざ出発。

めったに使わない都市高速(堤IC~福岡IC)、高速道路とつなぎなんとか5時35分にめかりSAに到着。

駐車場を2回周ったんですが、誰も居ません。

これはもしかして、今日じゃなかったのかな?と思って、携帯を見てみると、美東SAで待ってるとのこと。良かった~と美東SAを目指します。
みなさん30分以上もも待たせてしまって、ほんと申し訳なかったです。

美東SAで追いつけなかったらいかんバイと、ぼくなりに飛ばそうと意気込んだのですが、霧がかかってて怖いです。事故でも起こすなら大変といつものペースでなんとか美東SA到着。
駐車場にみなさんのバイクがありほっとしました。
f0000330_001955.jpg

OhIkeさんのアフリカツイン、きれいですね~。これは掘り出し物でしょう。
f0000330_013427.jpg

SAの食堂にみなさんを発見。丁重にお詫びをしました。みなさんニコニコと許してくれました。
良かった~~。

ゆうさんとは、初めてだったのですが、うわさどうりのモデルのように綺麗なかたでした。
綺麗な方への免疫がないもので、あまり話しかけることができません。重ね重ね申し訳ないです。

腹も減ってたので、ジャンボかきあげうどん450円を。
f0000330_065018.jpg

次にどこに止まるか知らないまま美東SAを出発。
ちょっと行ったところで失速してしまう。フーエルフィルターをつけてるため、120キロぐらいで走ってるとガソリンの供給が追いつかなくなってしまうのです。どうも満タン後200キロほど走ったころからこれがでるようです。

なんとか持ち直したので、走ってるとみなさん路肩にバイクを止めて待っていてくれました。
たびたび申し訳ないです(泣)。

鹿野SAでちょっと休憩し再度出発です。次は戸河内ICまで行って、道の駅来夢と思っていたのですが、吉和SAだったみたいです。
またまた失速し、今度はとうとう止まってしまいました。ガソリンはまだ入ってるはずなので、路肩でちょっと休み、タンクを揺さぶるとエンジンがかかりました。

これはまたみなさんを待たせてしまってると、130キロというぼくとしては信じられない速度を出して、戸河内ICをおりました。
しか~し、そこにはみなさんの姿無し。げ~~、置いていかれた~~。そんなことはなかろうと道の駅来夢に行ってみると、そこにはヒロ吉さんの姿が。お~~良かった~。

でも、そこにはみんなの姿がありません。あれっと思い、ヒロ吉さんに簡単に挨拶をすませ、「他の人はもう行かれたのですか?」と聞くと、まだ来られてないとのこと。ありゃ~これは、僕を待って吉和SAに寄られたところを抜いてきてしまったようです。

ヒロ吉さんとも、今回初めてだったのですが、笑顔が素敵な温厚な方です。
30分以上待ってるあるのに、怒ってる様子はまったくありません。結局1時間近く待たせることになり、ほんとご迷惑をおかけしました。

すぐにOhIkeさんにtelをしたのですが、つながりません。これはもうこちらに向かってあるのだろうと待つことにしました。

しばらくすると、OhIkeさんだけ到着です。他の人はまだ吉和SAに待っておられるとのこと。
その後、順次みなさん到着されました。も~めちゃくちゃご迷惑をかけました。
次は高速でも失速しないようにしときますので許してくださいね~。

みんな揃ったところで、ヒロ吉さんの案内で井仁の棚田へ。
f0000330_0571786.jpg

さすがマイナリストをくすぐるスポットですね~。

次に三段峡へ。もう、ところどころ紅葉してます。バックショットは難しいですね。相変わらずほとんど自分のヘルメットを撮ってました。なおかつ、グローブが厚いので、シャッターきったつもりがきれてないことが多かったです。
f0000330_103291.jpg


今回はここまで。つづく。肥前さんのじらしのテクで(笑)

後から読む時、解りづらいので、ここから続けます。

駐車場にバイクを止め、三段滝まで片道30分の道を歩きます。
あっ、駐車場代はヒロ吉さんのオゴリでした。どうも~ありがとうございました。

茶屋のところに綺麗なモミジがありました。逆光のモミジです。
f0000330_14335943.jpg

バイクジャケットを着たまま歩いていたら暑いのなんの、三段滝に着いたときには、もうヘロヘロになってました。
f0000330_14362683.jpg


駐車場に戻った時にはもうすでに、12時近くになってます。
それで石見銀山はあきらめ、益田経由で帰路につくことに。OhIkeさんは都合で高速で帰ることに。今回は幹事お疲れでした。なおかつ多大な迷惑をかけてしまい申し訳なかったです。

ヒロ吉さんの先導で、国道191で益田方面に向かいます。
この道はほんと紅葉が綺麗です。
f0000330_14405797.jpg

途中ヒロ吉さんはおろちループに向かうとのことでお別れです。
今日はいろいろお世話になりました。是非、九州においでくださいね~。

美都町あたりのワインディングを走ってると、コーナーでゆうさんに離されてしまいます。後ろからはBachさんが接近してきます。怖かったです・・・・。まだまだ特訓がたりないようです(泣)。
ゆうさんは噂どうり速かったです!!。

益田に着き、ラーメンの昼食です。
天下一品です。行こう行こうと思いながら未食の店だったので、ラッキーでした。
ラーメンは、あっさり・ふつう・こってりと3種類あったので、迷わずこってりの大盛りを注文です。
f0000330_14473987.jpg

さすがスープはポタージュを通り越して、どろどろです。こんだけ粘度のあるスープは初めてです。でも食後はぜんぜんどっかりきませんでした。よくできてますね~。

それから、ゆうさんオススメのホルンフェルス断層へ。
綺麗なところです。山口県の日本海側の海は角島をはじめとしてほんと綺麗ですね~。
f0000330_14542415.jpg

断層の上はかなり高いところで、ぼくは足がすくんでしまいましたが、高いところ好きな響さんは違います。
f0000330_1455535.jpg

ゆうさんはちょっと腰が引けてるかな~(笑)。
f0000330_14563379.jpg

トンビ?も優雅に舞っていましたよ~。
f0000330_14571148.jpg


ホルンフェルス断層を後にし、国道315で小郡ICを目指します。
この国道315も2車線快走路で走りやすかったです。

響さんの計らいで、山口の瑠璃光寺の五十の塔を見学に。
この塔は素晴しいですね~。紅葉の時期はもっといいでしょうね~。
f0000330_15173573.jpg

このお寺の前に御堀堂という和菓子屋さんがあったんですが、ここの外郎(ういろう)をお土産にかったんですが、かなり美味しかったそうです。ぼくは、甘いものは苦手なもんで食べてないですが・・・。

小郡ICから高速に乗り、壇ノ浦SAで休憩です。ここまでは、ガソリン入れたばかりだったので失速しなかったですよ~。
f0000330_15241435.jpg

ここでお別れとなりました。みなさんまた遊んでくださいね~。

壇ノ浦SAを、ぼくが一番にでたのですが、門司ICを過ぎたあたりで、響さん、Bachさんはあっというまにカットンでいきました。

結局、ぼくとしては珍しく、づっと上(福岡IC-都市高速堤IC)を行ったんですが、鳥栖のBachさん(八幡ICより下道)より帰宅時間は遅かったです・・・・(泣)。

いろいろとみなさんに、迷惑をかけてしまったツーリングでしたが楽しかったですね~。

なんだかんだで約600キロのツーリングでした。
[PR]

by ryujio42 | 2006-11-07 01:05 | ツーリング | Comments(17)

四国ツーリング1

2006/9/4(月)・5(火)

待ちに待った四国ツーリングです。
参加者はたいようさんmuzinaさん・ぼくの3人です。

台風12号が直撃しそうでしたが、北向きに急カーブを描いてそれてくれました。やっぱ、みんなの日頃の行いやね~と思っていたら、天気がだんだん悪くなってきてます。
まあ大丈夫やろ~と、仕事を終え18:30に自宅を出発です。

まずは腹ごしらえ、てなことでいつものように元祖長浜屋へ。
f0000330_1714269.jpg

今日のスープはちょっと茶色っぽい。これはうまいかなと思ったが、ま~普通の元長の味でした
f0000330_17164714.jpg

しか~し、なんかめっちゃ気合が入っとたもんで、替え玉2個もしてしまいました。

腹もいっぱいになり、ますます気合をいれ小倉港に向かいます。
エンジンオイルも替えたばっかで、オラオラ状態だったんですが3号線をゆっくり走ります。

流れも良かったので、元長から1時間30分で小倉港着です。
muzinaさんはもう来られてました。都城から500キロ走ってこられたそうで、もう1日分のツーリングは十分てな感じですね。
f0000330_17472163.jpg

間もなくたいようさんも到着され搭乗手続きをしていたら、響さんが見送りにきてくれました。
差し入れまでいただいちゃって、も~感謝感激です。
ありがとうございました。次回はいっしょに行きますよ~。
f0000330_1750866.jpg

今回、関西汽船を使ったのですが、インターネット予約をすると車両・旅客とも2割引きになります。なおか~つ瀬戸内海倶楽部に入会(1000円)すると、1年間は同行者5人までの車両・旅客とも3割引になるので、今後四国に行こうかな~と思っている人は要チェックですよ~。

搭乗手続きも終わり、バイクを載せ四国に向け出発です。
f0000330_1851951.jpg

今回はバイク3台とも赤なので、赤色3兄弟とでも命名しときましょうか・・・。

船に乗り2等の部屋に。今は全席指定になってるので1人のスペースは寝返りがうてないぐらいしかありません。搭乗者が少ないときは、好きなとことに陣取っていいですよとか言ってくれればいいのにね~。

甲板に出て、九州に短い別れを告げます。明日は四国ばい。楽しむばい!!
f0000330_18221785.jpg


早速、酒獄の始まりです。響さん差し入れのビールをプシュッ!!。も~最高です。
明日のルートを確認しつつ、muzinaさんが持ってきてくれた、キンキンに冷えた霧島を。
うまいね~と、どんどん酒が進みます。

どうも、2日目の天気が良くないみたいなので、ルートを逆にするとゆうことで、酔っ払いながらも話が決まり寝に入りましたが、みんなあまり眠れなかったみたいですね。


4時頃、周りがごそごそしてきたので起きる。いや~2時間ぐらいしか眠れなかったかも。
しか~し、気合が入ってます。眠くなんかね~ぞ~。

松山観光港です。
f0000330_18293318.jpg

なんだかんだしてたら、もう下船の時間です。


まずは、道後温泉を目指します。
ガソリンを入れたりしてたら20分ほどかかりました。
f0000330_2011370.jpg

開店時間の6時には時間があるので、さぬきを目指します。
国道11号で小松町、国道196号から県道13号で新居浜を回避し、土居で国道11号に復帰。

今回初めて、走行写真なんてものを撮ってみました。前がつかえると、走り屋たいようさんかなりじれったいみたいです。
f0000330_20355238.jpg

バックショットも、ほとんど自分のヘルメットを撮ってましたが、なんとか撮れてるものもありました。
f0000330_20372588.jpg


土居の時点で7時20分ぐらいだったんですが、渋滞にはまる。大きな製紙工場があり、そこまでは、歩いたほうが速いぐらい混んでます。結局この渋滞を抜けるのに30分ほどかかりました。
ぼくらと同様、早朝さぬきを目指す方は、土居ICから大野原ICか善通寺ICまでは高速を使ったほうが無難でしょう。

道の駅とよはまで休憩をしてたら、雨が降ってきました。カッパを着ようかどうか迷いましたが
前回のアポロを教訓に、カッパをきて出発です。ちょっと走ると、土砂降りになりました。
良かったです。
ころばぬ先の杖じゃないですが、「危ういときはカッパを着よう」。これ教訓です!!

その後国道377号で、さぬきうどんの中でも、もっともうまいといわれる、中讃地区へ。

まずは、少々迷いながらも山下@善通寺へ。
ガーン!!またまたやってしましました。なんと定休日です。

みんな御免よ~。でもお二人ともニコニコと許してくださいました。

じゃ~次は宮武だ~。ここはほとんど迷わず到着できました。
でも、店を通り越してしまったことはご愛嬌てなことで。
f0000330_20395127.jpg

メニューはこんな感じです。これがさぬきです。てんぷら等の具はだいたい1品100円ぐらいで
自分でとるようになってます。
f0000330_2044214.jpg

あつあつ(小)です。このあと、何軒か行く予定だから、少ししか食べませんよ。
f0000330_2045529.jpg

ん~、いまいちコシが。ちょっと茹で過ぎたのかも・・・・。

金比羅山に登ろうかとも思いましたが、天気も悪いし、時間も押してるので、山内を目指します。
いろんな話でかなり辺鄙なところにあるのかと思っていましたがそうでもなかったです。
f0000330_20494026.jpg

まさに家族でやってますてな感じでしょう。
f0000330_2050555.jpg

ここでも、あつあつ(小)です。しか~し、ゲソ天があまりにもうまそうだったので、勝手に手が動いてました。これで320円です。すごいでしょう。おそるべし!!。
f0000330_20531191.jpg

これは、麺のコシ、だし汁、もういうことなしの旨さです。
次があるけど、ひやひや(小)も連食しちゃえ~と思ったのですが、並んでる人がいたので泣く泣くあきらめました。

その後、釜玉発祥の店「山越」と思いましたが、ちょっと遠回りになるので、谷川米穀店を目指します。
開店の11時を15分ぐらい過ぎて到着したのですが、この状態です。
f0000330_210232.jpg

あきらめて、祖谷温泉を目指すことにしました。

みんな御免よ~。せっかくここまで来て、2軒しか行ってないないなんて。
次回日帰りうどんツアー組むからね~。

あまり長くなりすぎたので、分割しますね。
[PR]

by ryujio42 | 2006-09-07 21:01 | ツーリング | Comments(11)

福岡麺通団

2006/8/19(土)

学生時代の先輩に呼び出され、博多駅で飲み会。

学生時代、かなり強烈だった先輩の頭が薄くなりおっちゃんになってたのにはびっくりしましたね~。関西での生活が長かったみたいで、口調は相変わらず強烈でしたが・・・。

楽しい昔話も、あっという間に終わり帰ろうと思ったが、なんか食べたいので、今度の四国にそなえ福岡麺通団へ。

ひやかけ(大)と鳥天とちくわ天です。
f0000330_11341096.jpg

ん~、なんかびみょーです。前回の印象がかなり良かったので。
だしも、いりこがききすぎてるような・・・。麺もちょっと・・・・。
表現力のないぼくでは、どう表現したらいいものやら。
f0000330_11342588.jpg

四国のさぬきうどん(セルフ店)が食べたいッス。
[PR]

by ryujio42 | 2006-08-20 11:44 | グルメ | Comments(6)