SPDシューズがやってきた

2009/12/23(水)

仕事の予定が、休めました。

で、いつものように、元祖&大濠公園をゆっくり周回と8時過ぎに家を出る。

大濠公園について1周回ったところで雨・・・・・。

木陰に非難して、雨が上がるのを待つがなかなか止まない。

腹もへってきたんで、雨に濡れながら元祖長浜家に。

9時過ぎの店内は先客3名。

屋は並んでこそないが満席に近いゾ。

でも僕は、家のほうがゆっくり食べれるんで好きですね~。


前回のベタはやっぱラードがきつかったんで、今日はネギ多目をコール。

f0000330_1913527.jpg


もちろん替え玉も。

でも油が少ない分、前回よりもどっかりこなかった。

というか、今日は麺の量が少なかったかも?。


家に帰っていたら、雨はあがり晴れ間も見えてきた。

これはちょっと、漕いでおこうとまた大濠公園に。

時速25キロで4周ながして家にもどる。


やっぱ大濠公園トレーニングには良いです。

f0000330_19131455.jpg


ほぼ平地なんで、LSDトレーニングには最適では。

でも10周もしてたら飽きますな!!。


家に帰ったら、大掃除の最中・・・・。

しっかり、お風呂、窓ガラス、ベランダの掃除をして点数かせぎ・・・・(笑)。

僕もやるときはやるんですよ~・・・・・なんちゃって。


掃除も終わり、ゆっくりしてたら、宅急便が。

この前買った、SPDシューズとペダルが届きました。


今回買ったSPDシューズはこちら。

Adidas CYCLONE。

f0000330_19124965.jpg


かっちょいいでしょう。

どっかの記事で、「アディダスがサイクリングシューズから撤退したんで、この靴は手に入りにくいらしい」と。

速攻、ポチっとやってました(汗)。


普段履きでも十分良いです。

ただ、ペダルにはまり難いという難点のがあるみたいです。

でも、アスファルトを歩いてもそんなにカチャカチャいわないのがナイス。

底のゴムをはがして、ペダルに付いてたクリートを取り付けます。

f0000330_19143914.jpg


クリートをつけた写真を撮ってなかった・・・・。


実際使ってみてめっちゃ良かったですよ。

もう1足買っとこうかな?。


さて準備ができたら、やっぱ油山ヒルクライムでしょう(笑)。

油山ヒルクライム詳しいことはこちらに書いてありました。


さて、こちらがスタート地点。

f0000330_19222816.jpg


この旗を立てる石碑が目印です。

ここからちょっとゆるい登りのカーブがあって、博多工業の前の坂。

f0000330_2003276.jpg


博多工業を過ぎるあたりでダンシングができないくらい、息がもたんゾ。


じつは今までの油山、ダンシングしたことはなかったのです。

ダンシングで漕ぐと、シッティングに比べギアを4ぐらい重くできます。

そのぶんよく進むけど、体がついていきません・・・・(汗)。



ここが、博多工業を過ぎて、ホテル城の前のカーブ。

f0000330_2051269.jpg


もうこのあたりでは横腹が痛くなっちゃて、もうやめようと思いつつも、負けられんとギアを軽くして我慢する。


ホテル城のカーブを過ぎると、勾配率13%、330mの真直ぐな坂が待ち受ける。

ここの写真は撮ってません。次回紹介しますネ。

って、実際写真は帰りの下りでとったものだから、急坂でビビッて止まるの忘れてたのよ~。


この330mの急坂が終わると、市民の森との分岐。

ここからちょっと傾斜がゆるやかになる。

再度、ダンシングで速度を上げる。

あ~ちなみに、SPDシューズはダンシングしやすいですよ。

引き足が使えるというのが少し解ったかも。


ところが、レストラン森を過ぎたあたりで、息がもたんゾ。

またまたギアを軽くして、シッティングで息が回復するのを待つ。


しか~し、もうダンシングをする程の回復は無し。

なんとか、展望台まで完走。


止まったところで、もうすでに、SPDシューズを履いてるのを忘れてる・・・・。

もちろん、その場でタチゴケです。

しか~し、なんとか前回より2分ほどタイムが縮まりましたよ~。

ちなみに、ハンドルについてるシミは汗です。

とんでもないぐらい汗をかきますヨ(笑)。

f0000330_2018219.jpg


しっかし、今回が今まででいちばんきつかったです。


もっと心肺機能を強くしないとここで10分を切るのは難しいと感じた次第です。

なんかめっちゃマニアな世界に両足突っ込んでしまったような・・・・(汗)。
[PR]

by ryujio42 | 2009-12-24 20:24 | 自転車

<< 初日の出を見に行こう またまた家に >>