井原山へ

2012/7/29(日)

梅雨明けして暑い日が続いてますが、皆様いかがお過ごしでしょう?。

こんなに暑くなると、日中自転車に乗るのは自殺行為かも・・・・。

てなことで、涼を求めてまっこちさんと井原山に登ってきました。


7時半、キトク橋駐車場に到着。駐車場はもうすでに満車。

路肩の空いてるところに車を止めて洗谷コースへ。

なんかまっこちさん歩くのが早いですよ~。息が上がります。

洗谷コースの魅力はなんといっても、フィールドアスレチックのようなロープ場。

f0000330_1752854.jpg


f0000330_1752381.jpg


それと沢沿いの気持ち良い登山道。

f0000330_17533277.jpg


それと、わ~~~きつかバイといったところで現れる湧き水。この水がほんなことおいしかとです。

f0000330_17545045.jpg


最後のロープ場は、フィールドアスレチックとは言えない激坂です。もうヘロヘロになります(笑)。

f0000330_17564363.jpg


これを登りきれば、尾根道に。

いや~気持ち良い青空だ。

f0000330_17573044.jpg



ここから約20分で井原山山頂へ。

今日はきつかった~~~。というのも、洗谷コースを2時間ちょいで登ってます。

10時前だというのに山頂には人がいっぱいだ。

でも、洗谷コースでは1人としか会わなかったです。人気が無いのかな?。

f0000330_1805150.jpg



人がいっぱいの山頂は避けて、とっとと下山です。

もちろん、水無鍾乳洞へのルートです。

登って来る人がいっぱいだ。なんか、氷の難所ケ滝の下山を思い出すくらいです。


それも、このキツネノカミソリの満開を見たら納得ですね。

f0000330_1873727.jpg


f0000330_185233.jpg



水無しルートから、アンノ滝方面に。

ちょっとした、登り下りをこなすとそこには別世界が待ってくれてます。

そう、瑞梅寺川源流です。

地下をもぐってきた水がここで溢れるように噴出してきてるんです。

f0000330_1813451.jpg


この水はめっちゃ冷たくて、10秒以上手をつけておくのは無理でしょう。

この冷水を使って素麺を食べるのが、なんとも贅沢なんです!!。


まず素麺を茹でます。

f0000330_18161533.jpg


茹でる間に、まっこちさんに用意してもらったつまみの数々を食べながらビールを飲む。

f0000330_18333952.jpg


これが激旨!!。昇天しそうになりますが、そこは落ち着いてしっかり麺を茹でますよ(笑)。

ちょっと柔らかめに茹でて、源流・・・・湧き水の噴出しに麺を入れて一気に締めます。

f0000330_1819565.jpg


この麺がなんとも旨い。

僕は豪語します。ここで食べる素麺より旨い素麺は無いゾ!!(笑)。

それに、ここはじっとしてたらちょっと寒いくらいに涼しいんです。

いや~贅沢させていただきました~。


その後は、アンノ滝でマイナスイオンをいっぱい浴びて帰路へ。

f0000330_18374832.jpg


暑い中、自然をいっぱい味わった1日でした。

まっこちさん、お付き合い&送迎までしていただきありがとうございました~。

次回はBBQ付きの源流そうめんやりましょうね~。

Team Cycle86の方々、たまには山の自然に抱かれてみてはいかがでしょう?。
[PR]

by ryujio42 | 2012-07-30 18:29 | 山登り

<< 立山へ1・2日目 卯の花 >>