ブレーキパッド交換

2007/12/12(水)

先週の日曜日に自分でできなかった、ホイルベアリング交換。

ショップに頼んで無事直りました!!。

ベアリングをはずす道具(ベアリングプーラー)まで買ったのに、自分でできなかったのはちょっと残念ですが・・・・。


はずせなかった理由は、

1.ベアリングがかなりボロボロの状態になっていた。

2.さびがでてて、ホイルに密着してた。

この状態だと、ショップでもプーラーでははずさず、バーナーで炙ってたたき出すそうです。


ベアリングが逝ってしまった理由も、サビが原因だそうです。

てなことで、サビを発生させないよう、ホイルをはずしたときは、オイルシール(ホイルベアリングの外側についてるゴムみたいなもの)にしっかりグリスを塗りこむようにしましょう。


ついでにブレーキパッドも交換したので、その手順を。

まずはリアから!。

古いパッドをはずします。

はずしたパッドはこんなです。

f0000330_11191465.jpg


この縦の溝がなくなっていたら換え時だそうです。

やっぱ新しいパッドと厚みが違いますね。

f0000330_11202282.jpg


しか~し、この新しいパッド縦の溝がないゾ・・・・。


新しいパッドを入れるため、出てきてるピストンを押し込みます。

f0000330_1122110.jpg


直接プライヤーで押し込んでますが、古いパッドをピストンにあてておいたほうが、ピストンにキズがつかなくて良いでしょう!。


新しいパッドを入れたところです。

f0000330_1124321.jpg


この後、ブレーキディスクにはめ込むのにちょっと苦労しました・・・・(汗)。


せっかくだから、フロントブレーキパッドも交換しました。

まずはこのネジをはずします。

f0000330_183572.jpg


六角レンチでピンを抜きます。

f0000330_1834928.jpg


ピンを抜くと、パッドがポロポロと落ちてきます。

見事換え時でしたね~。

f0000330_1844930.jpg


ピストンを押して戻します。

f0000330_1855991.jpg


この時点で、出てきてるピストンの部分をハブラシなんかで磨ききれいしたほうが良いみたいです。

実は、交換後に知りました・・・・(笑)。

ピストンはでっぱりがなくなるくらいまで戻したほうが新しいパッドを入れやすいですよ~。

f0000330_1811192.jpg


新しいパッドを入れてブレーキディスクにはめ込み無事終了。

これは、かなり簡単にできましたよ。


しか~~~し、これはあくまでも、シロートの作業なんで、良い子の皆様はマネしないように・・・・(笑)。

やっぱ、プロまかせが一番です!!。
[PR]

by ryujio42 | 2007-12-12 11:26 | バイク

<< 世界最速のインディアン またまた つけ麺 >>