らーめん工房 龍

2008/3/2(日)

去年、福智山 山麺会の後、「ラーメンどこにする?」という話題ですぐにあがったこのお店。

なにやら、14時には売り切れてるとのこと。

食べに行ってみたいと思いながら約1年過ぎようとしてました。


で、いきなりのラーメンツー企画に強引に入れ込みました・・・(汗)。

開店は11時半なので、それに合わせて行くつもりが、地元のOhIkeさん曰く、「開店時はいっぱい並んどうよ~」と。

まさにそのとうりでした。

f0000330_17532132.jpg



店内はカウンター5席。小上がりに4人がけのテーブル3っつ。

店内はとにかく狭いです。

この狭いテーブルにバトルスーツの大男(ゴメンナサイ)が座ったら・・・・。

f0000330_1851577.jpg


ちなみに、正座しないと隣の人に迷惑がかかります。


修行の様に正座しながらラーメンを待ちます。

あ~~ちなみにメニューはこんなです。

f0000330_1822912.jpg


それに、テーブルには辛したかなが置いてありますよ。

f0000330_18311422.jpg


でてきたラーメンはこちら。

f0000330_1854347.jpg


お~~見るからに、スープの粘度がわかりますね~。

まずはスープ。しっかりトンコツだしがきいてます。ただ臭みはほとんどないです。

これだけの濃さで、臭みがないのは、やっぱ丁寧な仕事をされてるんでしょうね。

お客さんも、老若男女、家族連れも多かったのがよく解ります。

具は、豚バラのチャーシュー3枚、きくらげ、ネギ、海苔といたってシンプル。

チャーシューの記憶があまりないので、特徴がなかったんでしょうね~。

てか、大男4人で、修行のような感じで食べつつ、写真も撮ってるわけだから・・・・(汗)。


麺は、博多に比べ太めですね。

f0000330_18291513.jpg


硬で注文しなくともちょうど良い硬さでした。

スープの粘度が高い分、しっかり麺にスープが絡んできますね~。


ただ、途中変化がほしくて、コショー、にんにく、辛したかなを投入しました。

やっぱ、生にんにくと搾り器があるともっと大好きになってたでしょう。

とか、なんだかんだ言いながら、次もあるのにスープまで完食しちゃいました。

f0000330_1830221.jpg


思ったほど、骨粉はなかったですね。

たぶん、しっかり濾してあるんでしょう。


いや~おいしかったです。
[PR]

by ryujio42 | 2008-03-04 18:36 | グルメ

<< ぼたもち 北九州ラーメンツー >>