人気ブログランキング |

カテゴリ:ツーリング( 77 )

佐賀鯉食いツーリング

2006/7/16(日)

今日は、マイナリストの佐賀鯉食いツーリングです。
参加者は、禄太郎さん夫妻・たいようさん・初参加のohIkeさん・ぼくの5名です。

朝5時に目が覚める。
昨晩からまたまた、アレルギーで顔が腫れて、まずいな~と思っていたのだが、腫れがひいとらん。今日は初対面の人が2人もいるとゆうのに・・・。

しかたないが、7時半、家を出発し、8時待ち合わせ263号沿いのローソンに向かう。
途中、ガソリンを入れてると、禄太郎さん夫妻が手を振って通り過ぎていきました。

いいな~夫婦でタンデム。もう、うちの嫁さんは、ぼくの後ろには乗らんでしょう・・・。

ローソンに到着し、お二人に挨拶。奥さんはとても感じの良い、かわいい方で、まさに禄太郎さんにぴったりといった感じでした。

しばらくして、ohIkeさん颯爽と登場です。やっぱり、うさぎさんだったのね!。
むちゃくちゃ走りそうなCRMでブーーーーン・キーーーーて、ぼくらの前にこられました。

永ちゃん似のニヒルな感じの風貌ながら気さくなかたです。

どうも、CRMのプラグがかぶったため、手前でプラグ交換してこられたとのこと。
しばし、歓談し、僕が先頭で道の駅大和へ向け出発です。

三瀬峠を越えたあたりで雨がふってきました。路面もウエットに。
自分なりに、そこそこ走れとったかいなと思っていましたが、ウエット路面になり、いきなり亀さんに・・・。
ま~ツーリングは、安全に走るのが一番たい!!。

途中雨宿りをして、9時前に道の駅大和に到着。たいようさんは、もう到着されてました。
XRにはもう貼ってありましたよ。ステッカー。
f0000330_18312271.jpg

干し柿ソフトを食べてみました。
ん~、柿はあんまり解らんです。普通のバニラといわれればバニラです。
f0000330_18333460.jpg

雄淵雌淵に向け出発です。
国263を北上し、国323スイッチしあっとゆうまに到着。
たいようさん、こんなして写真撮ってましたのですごい写真が見れるでしょう。
f0000330_18412934.jpg

ここで、鮎の滝登りが見れましたが、写真に収めることはできませんでした。
あっと、シャッターをきったときはもう遅いです。何回かチャレンジしましたが、諦めました。

牧師さんの佐賀1週ツーリングのレポにあった、鯉料理の清水屋に向かいます。
県44は楽しい道なので、たいようさんに先頭を行ってもらうことに。
やはりカーブ2つでした。ohIkeさんともども、消えていってしまいました。

またまた、あっとゆう間に清水の鯉料理屋街に到着。
禄太郎さん曰く、「最初の人は、観音様におまいりしてこな」。

てなことで、ゼーゼー言いながら階段を登り、汗びっしょりになり観音様におまいり。
面白いおみくじがありました。
f0000330_1854583.jpg

ちなみに、中吉でした。そうでしょう・そうでしょう。
ここに、グローブを忘れてしまい、またこの階段登るはめに。
まいりました。たまらんバイ。

その後、清水の滝に。
水量が多く、しぶきがかなり舞ってます。
も~マイナスイオンで癒され、なおかつ涼しい。夏の滝は最高ですね~。
f0000330_18575472.jpg

さ~次は、本日のメインイベント、清水屋の鯉料理です。
これが、鯉の洗い5人前だ~。どうだ~。
f0000330_1904094.jpg

すごい量でしょ。でもさっぱりしてるので、どんどん食べれます。
たいようさん曰く「一人で1皿いけますよ」。それだけ、おいしいです。ぜんぜんクセもないです。

ご飯と鯉こくです。またこれもすごい量ですね。
f0000330_1972243.jpg

なおか~つ。この鯉こくめちゃくちゃおいしいです。濃い目のとんこつ・もしくは味噌ラーメン好きな人にはたまらん味でしょう。
すいません、ほとんど一人で食べてしまいました。ん~満足です。
で、一人あたり2000円弱です。素晴しい!!。

今日は、3連休中日の日曜日とゆうこともありましょうが、すごい人でした。
できれば、11時ぐらいに予約して行った方がよいでしょう。

その後、江里山の棚田に向かいました。日本棚田100選です。彼岸花が咲く頃はいいでしょうね。

ここの甘露水はおいしかったですよ~。
f0000330_19204219.jpg

ここで、禄太郎さん夫妻とはお別れし、蕨野の棚田に向かいます。
本来は、天山越えを考えていたのですが、雲の様子で、間違いなく雨降ってるだろうてなことで
国203.県32・県315を経て、ここもあっとゆう間に着きました。
f0000330_1927314.jpg

見事な棚田ですね~。その後八幡岳にのぼりました。
ここからの景色は最高です。北は玄界灘、南は有明海と見渡せます。
f0000330_19301397.jpg

その後、小城で羊羹のお土産を買い、佐賀大和でみなさんとお別れです。
ん~、やっぱ一人になると寂しいですね。

国263の三瀬越えで17時に自宅に到着。
本日、約150キロの楽しい&うまいツーリングでした。

次は、アポロ峠かな~。

みなさん、また遊んでくださいね~。

by ryujio42 | 2006-07-16 19:51 | ツーリング

樫原湿原

2006/7/12(水)

昼から天気が良くなってきたので、樫原湿原に行ってきました。
たいようさんやmuzinaさんのブログで鷺草がアップされてので、もしかして咲いてるかな?
と思って・・・。

今日は、金武を通って内野に向かったが、なんとねずみ捕りをやってました。やっぱ、交通安全週間ですか・・・。その後、おとなしく走っていたが、曲淵ダムのところのトンネルで前の車があまりに遅いので追いぬき、その前の車を射程圏内に入れたところで、前の車が警察に止められました。

危ね~~~~~~、実際、自分が止められると思いました。
みなさん、気をつけましょうね。

その後、三瀬峠を旧道で走り、県道299、39、国道323、林道っぽい道で、樫原湿原着。
f0000330_18574490.jpg

ガイドのおじさんがいたので、
ぼく「鷺草咲いてますか?」
おじさん「8月やね~」
ぼく「なんか、花ありますか?」
おじさん「ん~」
まっ、しかたないと1周してみました。

それと、今日の写真はD70sで撮りました。あんまし、変わりないような・・・。難しいですね。
                 オカトラノオ
f0000330_191054.jpg

                 シジミチョウ?たぶん
f0000330_1912324.jpg

        ユウスゲ?たぶん。ガイドのおじさんが4時過ぎに咲くと言ってました
f0000330_1913927.jpg

                  ヒツジグサ
f0000330_1944378.jpg

その後、観音の滝に。ハーレーがあったんで、もしやBachさんかもと思ったが、持ち主に
会うことはできませんでした。とゆうのも、またもや、腹の調子が・・・・・。
今回は便所があったんで、大事にはいたりませんでした。
滝の写真を撮って、岐路に着く。
f0000330_192382.jpg



めっちゃ暑かったけど、楽しい約90キロのプチツーでした。

by ryujio42 | 2006-07-12 19:25 | ツーリング

四国うどん食いツーリング

2006/6/25(日)

今日は1日雨。なんもすることないので、去年いった四国うどん食いツーリングの1日目をアップしました。
1年前の記憶を思い出しながら、なんとかやっとかっとてな感じです。
気が向いたら見てやってください。
岩間沈下橋です。
f0000330_1650320.jpg

さ~今から、地鶏のかしわ飯を作るぞ~!!。

by ryujio42 | 2006-06-25 16:51 | ツーリング

立石山

2006/6/21(水)

天気予報では、晴れのはずが、朝から曇り。出かけるか、引きこもりを決め込むか迷っていたとき、メールの確認をすると、注文していたデジカメが福岡の営業所を出発している。佐川急便に連絡してみると、午前中に配達できるとのこと。

ラッキー、それなば、M10の試写に出かけなければ。てなことで、立石山へ。
途中、ヤマダ電機にて、液晶プロテクタを購入。

立石山の登山口です。
f0000330_191369.jpg

最初はこんな感じです。
f0000330_192285.jpg

5分も歩けば視界が開け、海が見渡せます。
f0000330_1961786.jpg

山頂ですが視界もないし、山頂てな気がしませんが、一応ピークとゆうことで。
ここまで、写真とか撮らずスカスカっと登ってくれば、10分ぐらいかも。
f0000330_1974677.jpg

最初登ったときのような、インパクトはあまりなかったですね。

次に、芥屋大門に向かう。立ち入り禁止区域に入り、大門のてっぺんに行ってみよう。
立ち入り禁止の看板を通り越し、正面の鳥居のほうから登ろうとしたが、めっちゃ怖いっす。
たいようさんなら行けるかもなど思いながら引き返す。暑いのと、冷や汗で、も~大量の汗をかく。
f0000330_1927897.jpg

f0000330_19273616.jpg

ほかに登れるところはないかと物色すると、行けそうなところがある。しか~し、行ってみたものの足がすくみ、またもやリタイア。まじ怖いッス。
f0000330_19302298.jpg

ここから下を見たら。足が震えてきた~~~。
f0000330_1931274.jpg

てなことで、てっぺんは諦めました。禄太郎さん、やっぱ、無理でした。1回挑戦してみてください。

帰りは、糸島半島をまわり帰ってきました。二見ケ浦はやっぱいいね~!!。
f0000330_1936450.jpg

てなことで、約70キロのプチツー・プチ登山でした。
それと、M10かなり使いやすかったですよ。画質もちょっと良い様な気がしません?。

by ryujio42 | 2006-06-21 19:41 | ツーリング

八方ケ岳林道の軌跡

2006/6/14(水)

実直な僕が、先日の行った、八方ケ岳林道の軌跡をGPSのデータをもとに、実直に書いてみます(笑。

全行程   61キロ
所要時間 全行程 3時間25分(スタート 10時3分  ゴール  13時28分) 
       休憩  1時間19分(コーヒータイム、梅ちゃん小話オモシロすぎ!!)
            30分(山鹿市が見渡せるところでの雑談タイム、やまめ・いわな関連のお
                話・山ヒルはちょっと辛いかな) 
            2分(竜門ダムが見渡せるところ、主に写真撮影)

てなことで、 平均速度は 61キロ / 94分→1.56時間 = 約39キロです。

あの、林道を平均39キロで走るのは速いよね。
実際、亀組(特に僕)がいなかったらもっと速かったハズ!!。

てなことで、地図を載せます。グラフも載せたかったんですが、やり方がわかりません(泣。
f0000330_1941018.jpg

このトラックデータ欲しい人メールください。カシミール3Dでけっこう楽しめますよ。


全然違うネタですが、本日の収穫

きゅうり1本といんげん少々                 水分たっぷりでしょ
f0000330_19312972.jpgf0000330_19313996.jpg



  

by ryujio42 | 2006-06-14 19:50 | ツーリング

八方ケ岳林道2

2006/6/11(日)

Bachさん、たいようさんに挨拶し、しばし歓談。

Bachさんは、昨日700キロのツーリングをされてるのに、雨が降らなかったら、一人でも走るつもりだったらしい。
たいようさんにいたっては、雨でも、一人で八方ケ岳林道走るつもりだったとか。
流石、牧師さん一家、優しい容姿なのに、大変なツワモノである。

Bachさん、僕、禄太郎さん、たいようさんの順になって走り始める。Bachさんけっこうとばすな~と思いなんとか付いていってたが、林道にはいると、いきなりスイッチON、あっとゆう間に見えなくなりました。スゴイです。追いつこうとがんばるが、とても付いていくのは無理です。

景色のよい、場所でコーヒータイム。
f0000330_1834642.jpgf0000330_184041.jpg


Bachさんのいろんな面白い話を聞かせていただきました。梅ちゃん小話がでてこんな~とおもっていたら、始まりました。メッチャ面白いです。まだ聞いたことがない人、機会をみつけて是非聞いてくださいね~。絶対オススメですよ。
Bachさん、面白い話&コーヒーごちそうさまでした。

30分近くいろんな話をしてリスタート。Bachさん、いきなりカットビ、今度は付いていくぞとアクセルを開ける。しか~し、トンネルの出口で壁にぶつかる寸前に。オソロシ~、で、あとは自分のペースで。

八方ケ岳西林道が終わったとこで、たいようさんの先導へ。
噂どうりの、キビキビした走り。なんとか付いていっていると、たいようさん、クラクションを鳴らす
。何だろ~?。と、思っていたら、路上に砂。助かるな~と思い、次のときはオレも鳴らして後ろに知らせようと思っていたが。なんせ、いっぱい・いっぱいの走り、なんとセルボタンを押す始末。
無理なことはせんで、自分の走りばせんか~!!。かなり、恥ずかし。

途中Bachさんがいなくなるとゆうハプニングがあったが、なんとかプチトマトに到着。たいようさん曰く、Bachさん専用トンネルがあるらしい。

ここで、パスタとピザをいただきました。な、なんと、Bachさんのオゴリ。も~ほんと、ありがとうございます。遠慮なく、ゴチになりました。

石釜から出した、焼きたてのピザですよ。ウマソー
f0000330_190289.jpg

ここでの詳細はたいようさんのところで!!。

って、それって手抜きやろーもん。いいんです、だって、たいようさんとこの方が、
表現がうまいし、画像もきれいなんです!!。

帰りも禄太郎さんに先導してもらい、面白い近道も教えていただきました。

で、290キロのとっても楽しいツーリングでした。

みなさん、また遊んでくださいね~!!。

by ryujio42 | 2006-06-12 19:32 | ツーリング

八方ケ岳林道

2006/6/11(日)

楽しみに、待ちに待った北部九州班のツーリングに初参加のつもりが、天気が悪いてなことで
中止。
まずいね~、オレって雨男。と、思ってたところ、朝起きると、晴れと~やない
こうなったら、禄太郎さんと立石山だ~。
ゆっくり時間があるので、長女を起こして仮面ライダー兜を見る用意をしていたところ、携帯がピコピコ。
なんかいな~と思い携帯を見ると、「スクランブル発射」?「アダルトメールも最近は凝ってきたね~」と思いきや、禄太郎さんから10時集合とのメール。
「これはなに?、あたしは誰」の状態から、一気に用意を整え待ち合わせ場所へ。

8時半に待ち合わせ場所に現れた、禄太郎さん、予想以上のナイスガイ
おろおろしながらも、挨拶を済ませ、出発です。

堤から都市高速に乗る。風にあおられフラフラしながらも、九州自動車道の広川に到着。
そこから、道の駅鹿北に3号線で行くところ、恥ずかしながら、道を間違え久留米方向に向かってしまったのは、ご愛嬌で。その後、禄太郎さんの後ろを走らせてもらい、9時45分「道の駅鹿北」に到着。
f0000330_23322759.jpg

もう、Bachさん、たいようさんは到着されてました。

by ryujio42 | 2006-06-11 23:40 | ツーリング

ミーティングGOGO

2006/6/4(日)

雑誌ツーリングGOGOのイベントが、島原復興アリーナで開催され、なにやら、豪華景品が当たるみたいなので参加してきました。

自宅を8時半出発。三瀬峠を超え・県道212で大津・国道34号、207号、57号を経て11時に愛野展望所にようやく到着。

実は、XOCでオフ会を企画していて、その集合時間は10時30分に設定していたのだ。
まっ、参加者がなかったので、遅れて迷惑をかけることはなかったのだが、時間設定はしっかりやらにゃと反省しました。しか~し、XOC九州組、いまいち盛り上がりにかけるな。でも、何回か開催することで、少しづつ盛り上がってくるだろう。オレはめげずにがんばるゾ~!!。

愛野展望所から、グリーロード・がまだすロードを経て途中迷いながらも、12時に島原復興アリーナ着。
初めての参加だったんですが、参加者多いですね。老いも若きも、レア車から最新型まで集まってきてます。受付を済まし、みんな写真撮影に臨みます。写真に写ると、ツーリングGOGOの
どこかに、必ず掲載されるとのこと。
f0000330_0444164.jpg

このCBXにはビビリました。なんと6気筒のすごいエンジンです。かなりきれいなので、メンテナンスもしっかりやられてるんでしょう。
f0000330_0452370.jpg

写真撮影がだいたい2時間ほどあり、それから景品の抽選です。ジャンケン大会と、受付番号での抽選で景品が当たった参加者にわたされていきます。どんどん景品が渡されていき、クジ運のないオレ、やっぱ当たらんっちゃねと思ってたとこで、なんとかすごい景品をゲット!!。

    ジャンケン大会                     ゲットしたKTCの軍手
f0000330_0513034.jpgf0000330_0514629.jpg


すごいでしょう、まるで参加賞のような・・・。でもなんにももらえない人もいたのでよしとしなきゃ
。一応景品としては、ジャケット(約20着)やバック、ライディングブーツ(1足)、Tシャツ等々
結構ありましたよ。

なんだかんだで、4時近くになったもんで、雲仙の小地獄温泉につかって帰るつもりだったがパス。来た道をあまり通りたくなかったので、国道57号で雲仙まで登り、国道389・県道131とつなぎ愛野へ。雲仙のワインディングも面白いですね。参加したバイクと一緒に走るかたちとなり
ちょっとした、マスツーリング(この言葉、禄太郎さんとこのパクリです)を味わえました。

その後は来た道を帰っていたんだけど、途中、前回「井手ちゃんぽん」にふられたことを思い出し、武雄へ。駐車場まんぱいです。さすが老舗、すごい人気。
こんな時バイクはいいッスね、どこにでも止められる。さっそく、店に入り、ちゃんぽん麺大盛り750円を注文。
f0000330_1113658.jpgf0000330_1114993.jpg


腹もかなり減ってたので、このボリュームはうれしいですね。具は多いしスープもうまい!!。あっ、とゆう間にたいらげてしまいました。

博多では麺はスープといっしょに炊くところが多いんですが、ここは、麺をお湯で茹でて、スープを入れるといった、ラーメンの作り方と一緒(リンガーハットも同じ)なんで、麺にスープの味がしみてないんです。あと、スープに麺から解け出たデンプンがないためサラッとしてるんです。できれば、麺はスープといっしょにたいてもらいたいと思いながらも、満腹になりました。

申し訳ない、チョット、のうがきをたれてしまいました。

てなことで、8時に自宅着の約360キロのツーリングでした。

by ryujio42 | 2006-06-06 01:32 | ツーリング

スズラン

2006/5/31(水)

今日の休み、今度の日曜に島原に行くのでゆっくりしようと思っていたが、なんせ天気が良い。

阿蘇どまんなか局の今日の阿蘇で5月末までスズラン大丈夫であろう、とのことだったので、波野村のすずらん自生地へ。

7時半、自宅出発。いつもの道で2時間ちょっとで、日田一品街通過。
今日は212号で杖立・小国をへて、ミルクロードへ。57号を横切りのすずらん自生地に、10時
37分着。かろうじて2・3本咲いてました。
f0000330_23381220.jpg



そういえば、荻岳のスズランもいいと聞いていたので、速攻荻岳へ。しかし、すべて終わってました・・・。やっぱ、自然には勝てません。でも、荻岳からの景色はいいッスね。
f0000330_1951540.jpg

腹も減ってきたので、阿蘇の川瀬食堂をめざす。ツーリングGOGOの0円マップ九州に載ってる「だご汁と高菜めしのセット(900円)」を食いたい。でも57号で向かうのは芸がない。で、通ったことがなかった県道135・楽しい国道265の箱石峠経由する。
地図はこちら。
f0000330_20256100.jpg

地図で調べてたあたりを、うろうろするが、店がない。ガソリンスタンド・コンビニで聞くがあまり
知っている人がいない。そうこうする間に、時間だけが過ぎていく。これじゃ、久住に登れないじゃない。で、あきらめて、瀬の本のコンビニでおにぎりを買い、牧の戸登山口に向かい、13時20分から山登りです。

相変わらず、コンクリートの急登はきつい。あっという間に、息がきれゼーゼーの状態に。なんとか、呼吸をだましだましして沓掛山に到着。ここまではちらほらミヤマキリシマはありました。
f0000330_20581819.jpgf0000330_20585066.jpg


しかし、それ以降はほとんどさいてません。扇ケ鼻にいたってはぜんぜんです。
変わった花があったんで写真に収めました。ドウダンツツジだそうです。
f0000330_2125190.jpgf0000330_213116.jpg


ほんとは星生山のピークを踏むはずだったが、時間もおしてるし、ミヤマキリシマも咲いてないので、久住・扇ケ鼻の分岐で遅いおにぎりの昼食とし、とっとと下山する。

あとは、温泉だ~てなことで、まだ行ったことがない、九酔渓温泉へと向かう。
掛け流しの露天風呂で入湯料200円です。ここも、男風呂と女風呂つながってます。狙っていっているのではないが、この手の風呂に最近いってますね!!。ちなみに、女風呂には誰も入ってなかったですよ・・・。
f0000330_21174257.jpgf0000330_2118213.jpg


ここの湯は37度なのでゆっくりはいれます。30分ほどまったりし帰路へ。
ここからが、いつものことながら、面白くないし、長いんです!!。
眠さを振り切って、19時半に無事家に到着しました。

川瀬食堂ですが、0円マップ九州の66ページ。阿蘇神社の場所と間違えてました。このマップ
間違えやすいですよね。次からはしっかりチェックを入れなきゃ。ちゃんちゃん・・・・。

てなことで、登山も含め350キロのツーリングでした。

by ryujio42 | 2006-05-31 23:40 | ツーリング

極上寸志温泉めぐり

2006/5/24(水)

今日は久しぶりの休み、しかも快晴。とくれば、やっぱツーリングでしょう。そういえば2ヶ月ぐらいバイクで遠出していないじゃな~い。

温泉にも入りたいな~。で、極上寸志温泉3つを選択。
1.寺尾野温泉(100円)
2.小田温泉 民宿萬屋(300円)
3.万年の湯(100円)

日田方面に向かうので、いままで2回ふられている、梅之庵の鳥天定食が食いた~いとゆうことで、開店時間11時にあわせて、家を9時に出発。
流れもすごくよく見事、開店2分前に到着。
f0000330_2042944.jpgf0000330_2045999.jpg


店に入り、鳥天定食(600円)を注文。麺がうどんかそばにできるとのことだが、帰りに鳴門うどん@筑紫野でうどんを食べる予定なのでそばを選択。ランチタイムはご飯おかわりOKとゆうことなので、ついついおかわりをしてしまい腹いっぱいに。ここのコスパかなりいいと思いません。大食いB級グルメ好きの私、大変気に入りました。しっかし、大分の鳥天はウマイ。ポン酢に和がらしで食べるのがいいのか、ほんと好きです。

11時半に出発し、ファームロードで寺尾野温泉へ向かう。
涌蓋山のミヤマキリシマも色づいてきてるみたいです。
f0000330_2034582.jpgf0000330_20352429.jpg




約50分で到着。この温泉は、知っている人に連れてきてもらわないとわからないでしょう。
寺尾野区の方たちが、農作業の後などに使ってあるところを、一般にも開放したって感じです。
かすかに硫黄臭がする、無色透明の湯です。湯温は低めで、これからの時期はほんといいですネ。でも、冬はかなり寒いかも。
f0000330_2059023.jpgf0000330_20595760.jpg


30分ぐらいまったりし、小田温泉に向かうが、あっとゆうまに着いてしまった。
まっいいやと、受付に向かう。「貸切露天風呂と、内湯&半混浴露天風呂どちらにしますか?」と聞かれ、「どう違うんですか」と聞くと、「入浴料はどちらも300円ですので、見てすきなほうにどうぞ」と。客はボク1人だけなんだろう。平日の昼間は、結構貸切状態てのが多いッス!!。300円を払い、風呂に案内してもらう。内湯&半混浴露天風呂を選択し、風呂の写真を撮ろうとカメラを出すと、レンズキャップがついてないじゃないですか。寺尾野温泉に忘れてきたんだ。ま、ひっかえせばあるだろうと、写真を撮り入浴。
f0000330_21144816.jpgf0000330_21152255.jpg



露天風呂は男女同じ湯船で、真中を板で区切っただけで、行き来できるようになっている。
今度、日曜日を狙ってきてみようかな、と思わせる風呂ですな。おとうさんがた、ここは、土日はいいことがあるかもしれませんヨ!!。

本来、ここから瀬の本にでて、やまなみハイウェイで牧戸峠のワインディングを楽しみ、四季彩
ロードで万年の湯の予定だったが、レンズキャップを取りに寺尾野温泉へ。
しか~し、ありませんでした。悲しい~。このまま来た道を戻るのもいやなので、小国にでて、212号で日田に向かう。途中、最近できた道の駅大山に寄る。ここは川岸にあり、夕方になると日もあたらないので、真夏はいいでしょうね。あとランチバイキングも1260円とリーズナブル。
今度、家族で来ようかな。
f0000330_2135364.jpgf0000330_2294293.jpg



速攻、日田をパスし、鳴門うどん@筑紫野を目指す。ここは、うどんシングル(300g)・ダブル(600g)・トリプル(900g)も同じ値段なんです。
迷わず、ざるうどん(380円)トリプルを注文。
f0000330_21453524.jpg



麺はさぬきのようなガシッとした感じではなく、モチッとし触感でかなり好みです。だが、つけ汁が薄いうえに量が少ない。(ぼくは、かなりの濃い口好みです)。つけ汁のおかわりを頼もうかと思ったが、なんせ小心者の私、最後は汁を飲みつつ完食しました。
ここも大食いB級グルメ好きには、はずせないうどん屋さんになるのでは。次は丼のセットにしてみよう。セットものはかなりお得みたい。

by ryujio42 | 2006-05-24 20:16 | ツーリング